肝斑の基本についてお教えします

ロゴ

肝斑を知っていますか

頬に突然シミが出来てしまった…などということは無いでしょうか。そのシミは、実は肝斑かもしれません。肝斑とシミは見分けがつきにくい事も多くあります。以下では肝斑についてご紹介していきます。

肝斑について

ウーマン

肝斑の見た目

肝斑とは、頬の一番高いような所に現れるようなシミのことを指します。肝斑の特徴として挙げられるのが、左右対称であるということです。シミとの判断が付きにくいことも多くあるでしょう。肝斑は比較的色が薄く、範囲が広いこともその特徴となります。

発生する年齢

肝斑は30代から40代にかけて発生します。比較的若い世代に発生しやすいということが特徴的です。また肝斑は高齢になると発生するようなことは殆どありません。年齢を重ねることによって肝斑が薄くなるようなケースもあるようです。

治療方法とは

肝斑の治療方法として挙げられるのが、レーザー治療やトラネキサム酸を服用するというものとなります。レーザー治療は聞いたことがあるかもしれませんが、トラネキサム酸というものを一定期間服用することによって、肝斑を改善させることもできるでしょう。肝斑は繰り返し発生してしまうこともあるため、治療をしておくことが大切になります。

治療方法が異なる

肝斑とシミは見た目が良く似ていることもありますが、その治療方法は大きく異なってしまうものです。したがって肝斑やシミができたときに自分で判断してしまうと、間違った治療を行ってしまうこともあります。そのため大阪の美容皮膚科できちんと相談することが大切となるのです。シミと酷使した厄介者とオサラバしましょう。

広告募集中